こころコロニー

自分のメンタルを見つめなおすためのこころの備忘録的ブログ

愚痴はいい?悪い?

f:id:webnote01:20140616225111j:plain

愚痴も悪口も言うのをやめよう!と心がけているけれど、我慢しすぎもイライラするから、時々ちょろっと「愚痴」をごぼしてしまう。

でも、やっぱり言わないようにしていきたいので、以下のことを意識するようにしている。

  1. 「愚痴」は自分の脳にストレスを与えること。
  2. 「愚痴」を聞く人も同様にストレスを受けてしまうこと。

愚痴をいうのは脳に悪影響を与えるようです。ネガティブなことを言うので、脳はストレスを感じるのです。脳はこのネガティブなストレスで疲れてしまいます。さらに、愚痴を聞いた人にまで疲れが及び、これを同期発火と言います。否定語を使わないことでこの悪影響を抑えることができます。

脳に悪い3つの法則 認知症で要老年若脳

絶対に愚痴を言ってはいけないというわけではなく、ストレスになるなら少しだけ(長くて1時間ぐらい?)聞いてもらうぶんにはよいと思うのだ。

ただ「たかが愚痴ぐらい」と思って、ベラベラ長時間喋り続けてしまうのはよくない。自分も聞かされる相手にも、悪影響を与えるということを意識することが大切。

愚痴は我慢するのでなく、無意識に言わなくなるのがベスト

腹がたつ事やうまくいかない事があれば、愚痴りたくのは当然である。

例えば、会社に非常識な同僚がいたとする。言ってもなおらないしどうすることもできない。自分はストレスが溜まって愚痴を吐きたくなる…どうしたらいいのかと悩む。

他人を変えるのではなく、自分を変える。

なんで自分が…???悪いのは相手のほうなのに…と思うだろうけど、基本的に他人が他人を変えることはできない。

相手を変えることに労力を費やすより、自分の考え方・捉え方を変えるほうがずっと楽である。ついでに自分自分の成長にも繋がる。

私は、知り合った人が非常識であったり嫌な人だな~と感じた時点で、”こういう病をもった人”だと思うようにしている。そうすると、なにかされても腹をたてることが減った。

続きを読む

愚痴や悪口はマイナスにしかならない

f:id:webnote01:20140616051109j:plain

日常生活のなか接する人たちが、自分と気の会う人やいい人ばかりだったらどんなに素晴らしいだろう…と思うけど、現実はそうはじゃない。残念ながら。

誰にでも欠点と美点があるわけだし、ストレスのはけ口として、愚痴や悪口というのは誰もがついやってしまうことだと思う。

 

だがしかーし!

愚痴や悪口というのは、言ってる本人やそれを聞かされる人たちにマイナスエネルギーを発散しちゃっている現実を気付いていない人が多い。

かくいう私もその一人でしたが、悪口・愚痴のマイナス要素を知ってからは心を改めている。

悪口を言ってダメージを食らうのは自分自身!?

え!?なんで?と気になった方は、下記のNAVER まとめを読んでみてください。

人の悪口を言うと、自分自身が傷つく理由。【脳科学】 - NAVER まとめ

脳は主語が理解できない。
だから発した言葉を自分のこととして捉えてしまう。

ということらしい…

目からウロコ。

脳は、「この言葉が誰に向けられているのか」を理解している部分とそうでない部分があります。
つまり、主語が理解できている部分ではスッキリしたように感じても、実は脳は自分が攻撃されていると理解し、ストレスをためてしまいます。

人への悪口は自分の脳にダメージを与える 認知症予防の老年若脳

例えば私が「あの子ブスだよね。」と誰かに悪口を言ったら、それを発した私の脳内では”ブスだよね”と自分が言われたと錯覚してしまうというわけだ。

ほんとにそうなのか?そうなのかな? と思ってたんだけど…

でも、これを聞いて納得したことがひとつ。

会うたびに知人の悪口を言う友人(A子)がいるのだが、そのA子は知人B子にプチ嫌がらせをされているらしく、A子はB子の悪口を第三者の私に言って発散するのである。

しかし、会うたびにA子は、口調や印象がドンドンきつくなり、B子に対しコンプレックスを抱いているように見えるのだ。

私は、A子がB子から受けるストレスを、悪口で発散し気持ちを切り替えているかと思っていたのだが…真逆の結果になっていたのだ…。

愚痴と悪口の違いってなに?

  • 愚痴
    言ってもしかたのないことを言って嘆くこと。
  • 悪口
    他人を悪く言うこと。

コトバンクより

愚痴は悪口に比べればいいかもしれないけど、結局はマイナスな言葉にしかならないから、愚痴もほどほどにしないと自分をダメにする。

悪口も自分が良い悪いは別にして、本人に直接言えないことを誰かに言うことは悪口になると、私は思う。

愚痴や悪口というのは、誰かに言ったところで解決はしないし、それどころか、自分にとってマイナスにしなかならないという点では同じなのである。

自分のために、誰かを褒めてみよう!

脳が、主語を理解できないのであれば、逆に誰かを褒めれば、自分が褒められていると認識しポジティブになるはずである。

また悪口を言う人より、誰かを褒める人のほうが数倍印象もいいし、人間関係がより良好になるかもしれないのだ。

ただ、やたら褒めまくるのは「ホントにそう思ってるの?」と胡散臭い印象を与えてしまうので、褒めるときは本当に感じたこと思ったことだけにすべし。

続きを読む